雄国沼

7月16日、貴重な梅雨の晴れ間

雄国沼へ出掛けた

今回はシャトルバス利用、天気が信用出来ない

予定よりすこし早く着くが萩平9時50分に乗る

金沢峠着は10時15分、後ろより「財布忘れてます」の声

乗ったときくれぐれも忘れ物注意された

帽子、カメラ、財布など

乗客は6人ほど、いかに多いかこれで解った

まずは休憩所目指す

糊空木(ノリウツギ)が咲き初め

花の入れ替え時か少ない感じ

次に見たのがこれ

ヤマホタルフクロだと思う

野薊にセセリ蝶オオチャバかな

25分ほどで休憩所、数グループが休んでいた

滅多に人には会わないが

晴天とあって待ちわびた人が多いようだ

すぐに引き返す

途中にコスナビ

オニシモツケを見る

途中見た揚羽の幼虫並んで二匹

ツクバネソウが残っていた

11時10分には木道に入る

歩を進めてすぐに朱鷺草発見

横からも楽しむ

今回はこれが目的、もう一つサワランは

らしい一株だけれど開いていない

ニッコウキスゲはもうまばら

何とか一枚

ヒオウギアヤメも残花でおわり

安達太良山方面の景色

いつもよりより爽やかな風を楽しみ峠へ戻る

合計6300歩12時15分のバスに乗った。

2013.07.16

CANON EOSS M