女神山4月の花紀行

4月23日愛犬キュキュも連れて

女神山へ出掛けた

山開きは20日に終わっている。

私の楽しみは花々、それとワンコとの散歩

この日は椚平口から登り始めた。

ヤマブキが咲き初めたばかり

蒲公英は地べたを這うように咲いている

白花たんぽぽは見えない

そう言えば桜が満開から少し過ぎたばかり

毎年来始める時期より早いかもしれない。

それとも気候の違いがそれは解らない

昨年はこの時期雪の後だった。

地面にキジムシロ

少し進んでノジスミレが咲いている

タチツボスミレはあちこちにあるがここは他のスミレも楽しめる

その前に見つけたのが二輪草

いつもの群生が見られない。

やはり少し早すぎたようだ

タラノメもまだ萌えだしてない

それとも採取されたのか

ヤブレガサが飛び出した

芽を出したばかり。トップへ戻る

そしてナガハシスミレ急な坂も楽しくなる

この次に見られるのがアケボノスミレ

葉っぱも見えず茎がたち登り花一輪がポツポツと林床に

こちらの顔もほころぶ

途中の松の根元で休憩 キュキュもまだまだ元気

山頂手前の道上にエイザンスミレ

もう一つセンボンヤリ

踏まれてしまうような場所に咲いている

どうしてなのか理由がわからない

日辺り求めてなのか、人恋しいのか

カタクリもまだまだ見られる

やはりいつもより早く来たようだ。

ヒトリシズカも出たばかり

やがて山頂到着

安達太良バックにポーズを決める

キブシが風に揺れている

蝶々のキハダテ

こちらはキアゲハ地面に這いつくばっている

しばらくそれらを眺めながら休憩して、下る

途中より堀切口へ下りた

途中にハルリンドウ

ウグイスカグラ愛でながら

樹の花に出逢う。クロモジかと思ったがどうも違う

ウリカエデのようだ。

クロモジはこれからか、と首をひねりつつ歩くことすぐに

横切る林道に出てしまった

出発した椚平口が眼下で良い眺め

来週もう一度来ること胸に、車に乗った。

4月23日。