男梅雨の鎌沼湖

6月下旬に見頃の稚児車

夏風邪のため出かける事もせずにいたが

7月1日晴マークがでた。

いそいそと出掛けて早速イソツツジ

マルバシモツケ咲き初め

この時期は山に来ていないと思った

だがコケイラン見つける

これで山はいつも良いなと思うから単純

水の流れが砂利のすき間を埋めてこの後の少し心配したが

大きな岩や木道の階段など洗われて綺麗

石楠花は無理かと思った途端に一株

多分吾妻シャクナゲだろう。

アカモノが目に入る

毎鶴草やゴゼンタチバナ見ながら木の階段を上って高度をあげる

やがて姥ヶ原チングルマに遭えた

盛りは終わっているが間に合った

蕾が可愛い

コケモモのピンクも可愛い

鎌沼湖畔にミネザクラ、先月は土湯峠で見た

綿菅も育って風に揺れている

木道脇にミヤマリンドウまだ少ないけれど

バイカオウレンも咲いている

鎌沼湖超満水

マガンが一羽。他見当たらず。

木道の広い場所で昼食。雲が怪しい帰り足急ぐ

途中の残雪この下は谷川

岩鏡が覗いている

すると白山千鳥右に、左にある

これも嬉しい発見

背の低い北五葉松の雌花

喜んでいると更にその奥に根本石楠花なら

嬉しいが私には不明。でも無理と思っていただけに殊更嬉しい

湧きあがるガスに吾妻小富士も

曇りがち、その為か雨が少し降った。

駐車場で一眠り、7月1日より協力金300円。

富士山では1000円、環境保全などに

使ってくれるし登山道修理に使うのだろうから納得

土湯街道でベニバナウツギとシロバナウツギにも出逢え

梅雨の中休み堪能出来た。

(大きな画像は安達の花へスライドショウでどうぞ)