初秋の鬼面山

おそらく今年の8月の日照時間は少ない

確かに晴れると猛暑日で辛い物があるが

連日の曇りで気分が滅入るのも確か。

梅雨明け以後日本海に前線ができそれがゆがみ、偶に上下する。

太平洋高気圧が弱いらしく、もう秋かと思わせていて

また晴れる。

そんな日々晴れ間を狙って鬼面山歩いてきた。

新野地温泉から入る。

山毛欅の林で風も無く朝から暑い。25度くらいか。

花は蔓竜胆がちらほら

日辺りにイワオトギリが咲いている

やがて草原に出るとヨツバヒヨドリ

ヤマハハコシラネセンキュウ

キンミズヒキノザザミ

そしてハクサンフウロ。

今までのうつうつしていた気分が一気に晴れる

吹く風も爽やかに、気持ち良い。

たいして疲れも無く、そのまま山頂目指す

途中にヌスビトハギ

小さいけれど可愛い色、さらに進む

トモエシオガマが咲いている

ガレ場に入ると岩シャジン

ウメバチソウ目的としていた花々見る事できた。

磐梯山は雲の中芒の花が

風にゆれている。

更に高度を上げるとホツツジが可愛い

雌しべが飛びだし色合いに乙女のほっぺを思う。

脚下のハクサンフウロこの色も鮮やか

道を横切る松の木を潜りながら進んで行くと

これはゴマナ

ノリウツギもまだ枯れずに残っている

咲き初めの深山落葉松も可愛い

急ぐなと休んでいけとウツボグサ

やがて山頂

一休みしていると赤とんぼ

夕立の心配もあり一休みして下る

ニガイチゴを見ながら

腰を上げキリンソウなど

見ながらゆっくり降りる

山毛欅林でアサギマダラが

何度も先頭を歩いてくれる

そのしたには蔓竜胆

やがて本物の御山竜胆も咲くことだろう

時間もあるので露店湯に浸かり

有意義な時間を過ごした。

2014.08.19