2015年安達太良山開き

5月17日(日) 快晴

第61回の安達太良山の山開きに、出掛けて見た。

7時のペナント配布を待って

7時には奥岳出発。家内はミスコンテスト云々言っていたが来ない。

あいにくの強風にロープウェイは運休。

何時もの馬車道へ向かう。このルートは何時もの山野草愛でるコースで

いつもと変わらぬ山行きとなった。

例年なら二週間後だが、今年は桜も早かった

更に最近では10日程花々が早く咲いている。

ならばこの山ではどんな事が起きているのかと思った。

例年5月20日は智恵子の生まれた日で関連イベントあるが

今年はゴールデンウイーク開催、この土日は珍しく何にも予定はなかった。

アマチュア無線倶楽部に入っていた頃このイベント支援するため

サポートで小屋に待機したことある。

それ依頼の参加。

タニウツギ咲く頃なら暑さもあるが、きょうは風もありヒンヤリする。

道は雨も少ないので乾燥状態。

タチツボスミレは咲いているが他に花はない。

ジダケも見かけ無い。

近道を何本かのぼりそれが終わる頃、乳首山を見かける
小休止。

その近道終わると岩鏡を見つけた。まだ無理だと思っていた。

やっぱり少なくこの後ももう一株だけ。

ショウジョウバカマは黒金小屋まで

続いて咲いていた。

そして辛夷がまだ青空に映えていた。

例年だと運が良ければ見られる花。

すぐにムラサキヤシオツツジが咲いていた

この後猩々袴(ショウジョウバカマ)と共に先々身体を癒やしてくれる

勢至平分岐を進みやがて鉄山が見えてきた
ここから

塩沢登山口合流点は近い

やがてくろがね小屋が見える

手前の山道では残雪に樹木が飲み込まれている

くろがね小屋8時50分到着。その前でしばし休憩

ロープウエィの状態が解らない。源泉に別れを告げ下ることにした。

ここから山頂目指し、その駅へくだり駐車場は私の今の状態では厳しい。

のんびり途中のこれは

猿鼻にあったと言う円東寺の後だろうか?

安達町史によると徳一大師が大玉の相応寺の末寺として

安達太良の麓の猿鼻に当初創建したと伝えられる。

瓦の破片もあった。その後渋川の安達太良神社の先へ移り

二本柳宿(現在地)へ来たらしい。

よくぞ昔の人は歩いたと思いつつ

時間も早いので奥岳遊歩道へ入る

新緑の谷川は水嵩ましている。

野鳥の声も負けずと囀るが、水音に消されてしまう。

七滝ながめ最後の魚止めの滝で若葉から

新緑楽しみ11時半には駐車場へ戻った。

なんとロープウエイは稼動していた。

尚、当日の登山者は1万一千人、ミスコンテストも無事に終了しました。